むずむず脚症候群の薬物療法・処方薬

むずむず脚症候群の薬物療法・処方薬について

むずむず脚症候群の薬物療法・処方薬

むずむず脚症候群の薬物療法・処方薬脚がむずむずする、まるで虫が這っているみたい。しびれたり、鈍痛も感じる。

 

このような不快な症状は、むずむず脚症候群の疑いがあります。

 

精神科や神経内科、睡眠障害の専門科などで、詳しい検査を行うことができます。

 

その結果、むずむず脚症候群と診断された場合には、治療を行います。

 

むずむず脚症候群が悪化すると睡眠障害などにつながるリスクがあるため、早めの治療が重要になります。そのためには、薬物療法が必要になることがあります。

 

むずむず脚症候群の原因は明確になっていませんが、ドーパミン受容体などに異常がある神経障害が関係している場合は、ドーパミンの分泌を増やすための薬を使用します。

 

ドーパミンアゴニストという薬がもっともよく使われます。ドーパミンが送られた受容体を活性化します。処方薬名としては、プラミペキソールやビ・シフロールといたものがあります。また、タリペキシソールやロピニロール、ロチゴチンなど。

 

これらの薬を使用することは副作用のリスクもあるのですが、改善率は約9割以上とされています。

 

ただし、副作用の問題もあり、長期的な服用は危険視されています。清浄促進や反跳減少のリスクがあるので注意してください。また、抗うつ剤などとの飲み合わせが悪いこともあるので、要注意です。

 

場合によっては、抗てんかん薬など、医師の判断によって処方薬には違いがあります。

 

総合的にみて、副作用のリスクが薬物療法のデメリットです。副作用の不安がある方は、よく医師と相談していきましょう。

 

また、鉄分不足ならサプリメントで補う方法もあります。