むずむず脚症候群の疑いは何科で調べられる?検査方法とは?

むずむず脚症候群の疑いは何科で調べられる?検査方法とは?について

むずむず脚症候群の疑いは何科で調べられる?検査方法とは?

  • 脚にまるで虫がはっているような不快感がある
  • 夜寝ようとすると脚がむずむずして眠れない
  • 脚がむずむずして痛い
  • 寝ている間に脚がぴくぴく動いている
  • 脚がしびれたり、ほてる

 

などの症状が出たら、むずむず脚症候群の疑いがあります。

 

むずむず脚症候群の疑いは何科で調べられる?検査方法とは?ただ、自己判断は難しいものですから、専門医の診断が必須になります。

 

そこで気になるのが、「何科を受診したらいいか」という問題です。むずむず脚症候群が一般的に認知度が低いので、専門に扱う病院の数も多くはありません。

 

ただ、関連する病院としては、いくつかあります。

 

  • 神経内科
  • 睡眠科、睡眠障害の専門科
  • 精神科

 

などです。

 

ただ、病院によって取扱いには違いがあるため、まずは電話でご確認ください。

 

むずむず脚症候群の疑いがあることを伝え、対応している病院を受診するようにしましょう。

 

中でも推奨したいのが、むずむず脚症候群も扱う睡眠障害関係の専門科です。これは、それぞれの症状に通じるものがあるからです。

 

むずむず脚症候群になると、寝ている間にも症状が出ることがあります。たとえば、けいれんや脚がつる、鈍痛などの症状が出て、目がさめてしまうなど、睡眠障害に関係してきます。

 

寝る前にむずむず脚症候群の症状が出ることで、眠れなくなることもあります。このように睡眠障害と関連していることから、総合病院などにある睡眠の専門の科を受診しましょう。

 

「下肢静脈瘤」の疑いに注意

むずむず脚症候群の症状は、「下肢静脈瘤」という病気と似ています。

 

脚に違和感が出る病気です。

 

むずむず脚症候群は比較的、問題がないと感じるかもしれませんが、その他の病気の可能性もあるので、まずは病院で検査を受けることが重要になります。

 

検査では、下肢静脈瘤など他の病気ではないことを確認するために、血液検査などを行います。