むずむず脚症候群は子どもでもなる?大人との違いはある?

むずむず脚症候群は子どもでもなる?大人との違いはある?について

むずむず脚症候群は子どもでもなる?大人との違いはある?

むずむず脚症候群は子どもでもなる?大人との違いはある?むずむず脚症候群になると、脚に不快感があらわれます。むずむずとして気になり、そこから睡眠障害などにつながることがあります。

 

ドーパミン不足が一因であることから、高齢者、またパーキンソン病との関連性があると考えられています。

 

しかし、男女性別問わず、年齢問わず、誰にでも発症する可能性はあります。

 

最近では、10歳前後の子どもの患者数も増加傾向にあるとされています。

 

お子さまが寝ているときに、無意識に脚がぴくぴくと動いたり、けいれんを起こしていたり、また、子ども自身が足のむずむずを訴えたら、むずむず脚症候群の疑いを考慮してください。

 

なぜ、子どもがむずむず脚症候群にかかるのか、大人との違いはあるのかについて調べてみました。

 

まず、子どもがむずむず脚症候群になる原因には、遺伝要素と鉄分不足が有力な説とされています。

 

栄養が偏りがちな子どもは鉄分不足になります。ですが、極端に鉄分不足になることは珍しいケースで、その鉄分が脳に届かないという代謝異常が原因になっています。これが、遺伝と関係しています。

 

親に発症歴があると、約7~8割という高確率で遺伝する可能性があります。

 

また、子どものむずむず脚症候群で注意したいのが、勘違いしやすい病気についてです。近年、よく取り上げられているADHDと間違えられやすいとされています。それは、脚がむずむずすることで落ち着きがないためです。

 

その点に注意し、専門医に相談してください。また、薬物療法を行うときには副作用に注意してください。