むずむず脚症候群の治し方 むずむず脚症候群はサプリで治る?

むずむず脚症候群はレストレスレッグス症候群とも呼ばれています。原因は未だ明確になっていないのですが、遺伝性や神経系、鉄欠乏などが関係していると言われています。生活習慣にも要因があると考えられ、生活習慣にも改善するポイントがあります。

むずむず脚症候群に良いサプリメント情報なび

次のような症状に悩まされていませんか。

 

  • 脚にまるで虫がはっているような不快感がある
  • 夜寝ようとすると脚がむずむずして眠れない
  • 脚がむずむずして痛い
  • 寝ている間に脚がぴくぴく動いている
  • 脚がしびれたり、ほてる

 

それ、もしかすると、‘むずむず脚症候群’かもしれません。

 

むずむず脚症候群はレストレスレッグス症候群とも呼ばれています。

 

原因は未だ明確になっていないのですが、遺伝性や神経系、鉄欠乏などが関係していると言われています。

 

生活習慣にも要因があると考えられ、生活習慣にも改善するポイントがあります。

 

たとえば、

 

  • 適度な運動の習慣
  • 鉄分を補給する
  • 就寝前にマッサージする
  • カフェインやアルコール、タバコなどの刺激物を控える

 

など。

 

腎臓が悪い人や神経系の病気がある人も起こることがありますが、病気だけでなく、とくに鉄分不足の人でも起こりやすく妊婦さんも悩まされやすい症状とされています。

 

むずむず脚症候群は命に関わる問題ではありませんが、症状が悪化することで睡眠不足から不眠、そこから精神的な不安などにつながるリスクがあります。

 

自宅でできる解消法としては、上記に挙げたとおり生活習慣の見直しです。

 

とくに注目すべきは鉄分についてです。女性はより鉄分不足になりやすく、栄養バランスが乱れていると欠乏している可能性がありますので、鉄分補給を意識しましょう。

 

手軽に鉄分が補給できるサプリメントをランキング形式でご紹介いたします。

鉄分補給サプリメント ランキング

美めぐり習慣

むずむず脚症候群の治し方 むずむず脚症候群はサプリで治る?


女性から支持されている美めぐり習慣は、身体のめぐりを良くする成分がたっぷりのサプリメントです。


従来の鉄分よりも吸収性に優れた「ヘム鉄」を配合。小粒タイプになっていますが、その中に1日分の鉄分が含まれています。


鉄分の吸収率や働きをサポートするビタミンCやビタミンB12、葉酸、動物性タンパク質なども配合しています。


また、睡眠ホルモンに必要な「トリプトファン」を含むスピルリナや生姜を配合し、眠りをサポートします。1日5粒で不足しがちな鉄分10mgの他、有効成分が補えます。


商品価格 1,480円
配合成分 ヘム鉄、ビタミンC、ビタミンB12、葉酸、スピルリナ、ショウガなど

詳細はコチラ 公式サイトへ


たっぷく豆 こがね散

むずむず脚症候群の治し方 むずむず脚症候群はサプリで治る?


たっぷく豆こがね散では、「ムクナ豆」という栄養バランスがいいものを原材料に採用しています。消化吸収をよくするために、粉末状にしているため、しっかり体内に吸収されます。


古くからインドで使用されてきた原材料で、L-ドーパというドーパミンの原料を豊富に含んでいる素材です。


その他にも、ドーパミンの原料になるチロシンやフェニアラニン、トリプトファン、鉄分も配合しています。1日3回、1回小さじ1杯を目安に摂ることで良質な睡眠をサポートします。


きな粉のような状態になっているので、飲み物に混ぜたり料理など幅広い用途でお使いいただけます。


商品価格 2,477円
配合成分 ムクナ豆、チロシン、フェニアラニン、トリプトファン、鉄分など

詳細はコチラ 公式サイトへ


フィール

むずむず脚症候群の治し方 むずむず脚症候群はサプリで治る?


フィールは、不足しがちな鉄分補給にぴったりのちょうどいい量を配合したサプリメントです。


1日の鉄分の摂取目安は約10mgですが、そのうち6.5mgほどは食事から摂れるとされています。つまり、残り3.5mgが不足しやすい量になっています。


フィールの場合、1日分の2粒に吸収性の高いヘム鉄を4mgに、イチョウ葉エキスや葉酸も配合しています。鉄分とその他のめぐり成分で体のめぐりや血流を良くします


商品価格 1,800円
配合成分 ヘム鉄、イチョウ葉エキス、葉酸など

詳細はコチラ 公式サイトへ

むずむず脚症候群とは?どんな症状が出る?

むずむず脚症候群とは?どんな症状が出る?むずむず症候群とは、文字通りの症状が出ます。「足がむずむずする」これが一般的な症状とされています。

 

レストレスレッグス症候群とも言います。

 

初期段階では、脚がむずむずして動かしたくなるのですが、動かすことによって症状が和らぎます。

 

しかし、そのまま放置して悪化してしまうと、症状も重くなっていきます。

 

脚に虫が這うような気持ち悪さや不快さ、痛みやほてりなどの症状も出てきます。その不快感が気になって、寝付きが悪くなるなど不眠の症状につながることもあります。

 

なぜ、むずむず脚症候群を発症するのかというと、その原因については今でも明確にはないっていません。ただ、いくつか考えられる原因の説があります。

 

ドーパミンの働きなど神経系の関係です。とくにドーパミンは不足または受容体の働きに異変が起きていると、むずむず脚症候群になることがあるとされています。

 

快感ややる気などを司る神経伝達物質なので、ドーパミン不足はその他にも体の調子に関係してきます。

 

そして、有力な説とされているのが、鉄分です。栄養バランスが乱れ、鉄分不足の人が増えている傾向にあります。

 

食生活の乱れからくる鉄分不足や、代謝異常、遺伝的要素なども関係してきます。

 

また、高齢者に多いパーキンソン病との関係も指摘されています。その他に、腎障害などの病気も関連性があるとも言われています。

 

どのような場合にしても、病気は潜んでいるのなら治療が必要になるので、初期段階で早めに病院で検査を受けるようにしてください。

 

もっとも、鉄分不足が関係している場合は、鉄分を意識的に補給することで症状を改善することができます。

むずむず脚症候群は治る?治療や改善方法とは?

むずむず脚症候群は治る?治療や改善方法とは?むずむず脚症候群は、病名から軽いものと思われやすいので、そのまま放置してしまうケースが多いです。

 

しかし、放置して治ることはなく、症状が悪化してしまいます。

 

不眠症につながることもあり、間接的にうつ病などの精神疾患を発症するリスクもあります。

 

脚がむずむずするなどの不快感をおぼえたら、早めに検査を受けることをおすすめします。睡眠障害と関係しているので、睡眠障害の専門や精神科の受診をおすすめします。

 

必要な検査や問診により、むずむず脚症候群と診断された場合の治療ですが、基本的には生活習慣を改善する生活指導と薬物療法がメインになります。

 

まず、薬物療法では、むずむず脚症候群の原因になると考えられるドーパミン・鉄不足を補給するために、ドーパミンを増加させる物質のドーパミンアゴニストやプラミペキソール、ロビニロールなどが処方されます。これらの投与によって、ドーパミンを増やし治していきます。

 

また、鈍痛がある場合は、ガバペンチンを使用することもあります。ドーパミンアゴニストは副作用もあり、吐き気や胃腸の不快感などが出ることもあります。

 

その他、鉄分補給に鉄材などを処方されることもあります。

 

生活指導としては、飲酒や喫煙、カフェインなどの摂取を控えていくこと、適度な運動などが効果的とされています。

 

むずむず脚症候群を発症してしまったときのケアとして、日常生活の送り方を見直しながら、鉄分を補給してみる方法があります。

 

鉄材ではなく、鉄分を含むサプリメントなら副作用の心配もありません。

 

また、薬物療法を行う際には、薬の飲み合わせに注意が必要なので、現在服用中の薬がある方は医師とよく相談してください。